グローバルビジネスの尖兵から企業競争力の核心となる海外法人

概要

1996年、ウォンイクの最初の海外現地法人として設立されたウォンイクキュエンシTaiwanは、台湾半導体産業の産室であるシンツ半導体公団(SHIN CHU SCIENCE BASE PARK)に韓国本社の先端技術及びシステムがそのまま接木され、台湾、中国市場及び東南アジア市場での市場確保を目標に毎年成長し続けています。

概要

1997年、シリコンバレーの中心であるSan Joseに設立されたウォンイクキュエンシUSA(WIQI)は、世界的なIC 製造業社及び半導体装備業社が密集したアメリカ市場での立地構築及びウォンイクのグローバリゼーション戦略によって、持続的な製品拡大及び顧客社の確保を通じて、安定的な成長を示現しています。

概要

2001年、 ウォンイクのヨーロッパ市場への進出のためにドイツに設立されたウォンイクキュエンシEurope(WIQE)は、アメリカGEのハムブルグQuartz Ware工場を引き受けた以来、安定的な成長を長続いており、前身であるWQSの時期をむ50年以上の歴史が作った安定的な組職と技術力を土台に、約25%のヨーロッパ市場シェアを確保しています。

概要

Wonik Corporation USAは、1957年設立した電子部品及び雑貨収入の販売専門企業として、韓国を含めて中国、台湾などの製造業社から商品を輸入し、アメリカ、カナダ、メキシコなどの約100地域の販売網に供給しているグローバル企業です。